会社概要 個人情報保護法 お問合せ
 
 
MENU
K-WILL Technology
  ノイズ検出ソフトウェアの開発  
  「匠の眼」で品質監視  
  Video DNA Technology  
  DSCQS  
  技術を通して  
K-WILL Product
  映像・音声自動監視システム
 QuMaxシリーズ
  PROBE300  
  QuMax 2000  
  QuMax ひかり  
  QuMax Remote  
 多チャンネル監視シリーズ
  NP 2000  
  4K対応画像評価装置
  VP4000  
  その他
  画像品質評価サービス  
K-WILL Company
  ごあいさつ  
  会社概要  
  沿革  
  受賞歴  
  導入先  
  お知らせ
  お問合せ  
  関連リンク  
  トップページ  
 
トップページ >> お知らせトップ >> ProQ4000M 世界に先駆け4K FILE QCリアルタイムの壁を突破
K-WILLからお知らせ 2018年5月31日
■ProQ4000M 世界に先駆け4K FILE QCリアルタイムの壁を突破
2018年12月1日から始まる新4K8K衛星放送そして東京オリンピック・パラリンピックを通じて、今後4Kコンテンツが普及してゆきます。そのコンテンツの形態はFILEであり、FILE再生時の映像・音声の品質検査 = QC(Quality Check)の需要が高まりつつあります。しかしながら、リアルタイム以上の処理速度で4K FILEの的確な品質検査ができる装置は市場に存在しませんでした。
株式会社K-WILLは、数々の困難を克服し、世界に先駆けて4K FILE QCリアルタイムの壁を突破できるProQ4000Mを市場投入しました。

4K放送先進国である韓国において、ProQ4000Mは12G SDI品質検査装置として、既にKBS様やピョンチャンオリンピック・パラリンピックで採用されており、2018年5月のKOBAショーにおいてProQ4000Mは4K FILE QCとしてデビューしました。現在、韓国の数多くのお客様から引き合いをいただいており、これからは日本国内のお客様に積極的なご提案を実施して参ります。


4KファイルQC ProQ4000M KOBA2018デビュー(ソウル市COEX)

お問い合わせ先:
株式会社K-WILL 営業部
TEL: 042-788-3834
FAX: 042-788-3835
http://www.kmw.co.jp
 
トップページ >> お知らせトップ >> ProQ4000M 世界に先駆け4K FILE QCリアルタイムの壁を突破