会社概要 個人情報保護法 お問合せ
 
 
MENU
K-WILL Technology
  ノイズ検出ソフトウェアの開発  
  「匠の眼」で品質監視  
  Video DNA Technology  
  DSCQS  
  技術を通して  
K-WILL Product
  映像・音声自動監視システム
 QuMaxシリーズ
  PROBE300  
  QuMax 2000  
  QuMax ひかり  
  QuMax Remote  
 多チャンネル監視シリーズ
  NP 2000  
  NP 2000 ターンキーシステム  
  映像・音声検査システム
  ProQ4000/2000  
  4K対応画像評価装置
  VP4000  
  その他
  画像品質評価サービス  
K-WILL Company
  ごあいさつ  
  会社概要  
  沿革  
  受賞歴  
  導入先  
  お知らせ
  お問合せ  
  関連リンク  
  トップページ  
 
トップページ >> お知らせトップ >> Inter BEE2011ご来場のお礼
K-WILLからお知らせ 2011年11月25日
■Inter BEE2011ご来場のお礼
K-WILLブースに多数のお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。

今回の展示では、アーカイブ、送出および再送信それぞれに最適なQC(Quality Control)ソリューションを、以下の通り展示致しました。

新型一重刺激による障害検知
 基準信号との比較を必要としない、新型一重刺激ソフトウェアを展示致しました。HD/SD SDI信号上のブロックノイズや瞬断等のデジタル特有のノイズを、リアルタイムで正確に検出します。今後のVTRテープのファイルアーカイブ時のQC等の場面において、大切なコンテンツ資産を万全な形で取り扱うための、キーとなる機能を多く皆様にご覧頂きました。

第二世代QuMax
 これまで、国内海外を合わせ、1,600箇所以上でご利用頂いている自動監視装置QuMaxの、第二世代の姿をご覧頂きました。新型一重刺激やITU J.144フルリファレンス評価などを搭載可能な新型Probeユニット(Probe300)に加え、障害映像のキャプチャ/Webブラウジングなど、システムとしても大幅に進化した点を、ご覧頂きました。

     
今回のInter BEEは1,329社が出展、3日間で30,752人(主催者発表)の来場がありました。
     
会場写真と、弊社ブースの外観です。
     
第二世代QuMaxの展示です。QuMaxで検知した障害映像をキャプチャし、サーバーへ保存する動作のデモを行いました。また、サーバーへ保存したキャプチャ映像を、最新のHTML5技術を採用したWebブラウジングにより表示・確認する動作を展示し、お客様の注目を集めました。
     
新型一重刺激やITU J.144フルリファレンス評価などを搭載可能な新型Probeユニット(Probe300)は、特にお客様のご関心を集めました。
     
新型一重刺激は、VTRテープのファイルアーカイブをご検討中の多くのお客様からの注目を集めました。
     
多くの皆様に弊社製品をご覧頂きました。

重ねて、ご来場に感謝申し上げます。今後とも、弊社製品をよろしくお願い致します。

お問い合わせ先:
株式会社K-WILL 営業部
TEL: 042-788-3834 FAX: 042-788-3835
URL: www.kmw.co.jp
 
トップページ >> お知らせトップ >> Inter BEE2011ご来場のお礼